【貧血改善法を公開】貧血は専用のサプリメントで改善しよう

貧血を治したい

女性

「生理中はいつも立ちくらみがする」「妊娠中、授乳中だから体調が心配」と、貧血に悩む女性は多いものです。そんな女性たちにとって、いかにして貧血改善をするかは大きな問題ですが、やはりよく知られているのはサプリメントによる鉄分補給です。そもそも、鉄分は普段の食事から吸収されるべき栄養素ではありますが、それだけでは必要摂取量に足りていないのが現実です。鉄分の一日の摂取目安は、大人の男性で10mg、女性で12mgと言われています。しかしながら、鉄分の吸収率は非常に悪く、食事の食べ合わせを考えないと、10〜20%しか吸収されないという事実があります。そのため、貧血改善を行うときは、食事からの摂取だけでなくサプリメントで積極的に鉄分を摂る必要があります。鉄には大きく分けて、二価と三価の2種類があり、それぞれ「ヘム鉄」「非ヘム鉄」と呼ばれています。ヘム鉄は動物性の肉や魚に多く含まれ、非ヘム鉄はそれ以外の野菜や海藻などに含まれる鉄分のことを言います。一般に、ヘム鉄の方が鉄分の吸収が良いと言われていますが、妊婦にとって、ヘム鉄と共に含まれるビタミンAの摂りすぎはNGですので、十分な注意が必要です。サプリメントも同様で、妊婦が貧血改善に飲む場合は、非ヘム鉄の物が配合されていることを確認してください。また、鉄分の吸収を助ける働きがあるため、一緒に摂りたい栄養素として、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB12が挙げられます。これらのビタミンには、鉄分の吸収率を上げたり、造血を助ける働きがあり、鉄分と一緒に積極的に摂りたい栄養素です。サプリメントで貧血改善を目指すときには、これらのビタミンが配合されていると効果が得られやすいと言えます。サプリメントは長く飲んでこそ効果が得られますので、成分、飲みやすさ、価格などを吟味して選ぶことが大切です。